RECOMMEND
ヤマカシ
ヤマカシ (JUGEMレビュー »)
サントラ, ジョーイスター, DJスパンク, ファビィ・フィーチャリング・レイディ・レステ, アイロン・サイ・アンド・ディスイズ・ラ・ペスト
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日記

イムの毎日〜〜♪
11.花火のようにはいかないけれど
花火のようにはいかないけれど/ゆしん

息をのんで 君は見上げる
くもっていたその顔が 爆音と共にゆっくり微笑む

花火だったら 君の心を 照らしていられるんだね
僕じゃかえって 気を遣わせていたのが分かってたから
悔しかった でも 嬉しかった なのに 花火は終わる

たった一瞬に 全てをかける 花火はずるいと思う
潔すぎて かなう訳ない
それなのにさ 消えちゃうから 又 君の顔がくもる

花火が終わった後の暗い 君の心の空
僕に任せてくれないか? ほら 最後の一花

花火のように 夜空を明るく 染め上げられはしないけど
朝を呼び込んで 君を照らすよ 何度 夜が来ても
僕なら 終わらないから



このアルバムでは非常に珍しい・・2017年の新曲ではない・・曲です。

昔からある曲なんですけど、割と人気曲というか。。
どこにも収められないまま、花火の季節には絶対リクエストを貰う。。
・・し、そうでない時期にもちょこちょこと、リクエストを頂きます。

情けない男子の曲です、、実際。。

だいたいその、、男ってのは、、浅いもんだから、、悲しいかな。。
女子のもつ、深い苦しみとか、悲しみとか、、救ってあげられないんですよね・・えてして。。

ほとんどの女子が、ほとんどの男子よりも複雑で、、深く物事を考えていたりして。。
我々男子は、、どうしても単純なやつらなので、、何かあるのは分かるんすけど、理解できない。。

三次元に生きている僕らは、四次元目の軸、「時間」というものは、見える。
そこに、「時間」があるんだな・・というは分かるんすけど。。

その中に入って、自由に行き来して、読み取って、くみ取って、、という事が出来ない。。

「複雑な悲しみ」「苦しみ」みたいなのがあるんだな・・というのは分かるんです。。
けど、どうなってるか分からない。


なんとかしたいなと、こう、もがくんすけど。。

大抵の場合、女子はそれに気づいて、なんやったらちょっと「ありがとう」みたいな、切ない言葉を言わせてしまったりする訳です・・。。

いや、多分、そういう我々のもがき自体が、我々のやりたい方向とは違っても、そうあろうとしてる感じが嬉しいとか、、なんかそういう存在自体に救われる・・とか、、そんなんはあってくれるんじゃないかと、、思うんすけど。。


でも、圧倒的に足りない。


ところがですよ。

一緒に花火を見上げたら・・「あ、、、」って、、そういう、取っ払えたんやな・・っていう顔で、、花火を見てる女子がそこに、、居る訳です。
もう、こっちは花火なんか見てられへんすよね。。

でも、すーっと、、、花火の時間は終わるので。。

また、現実に戻ってくる、、。



もうね。
悔しいじゃないですか・・・ね?


全部持っていかれて・・で、あとくされなくなく消えていく・・みたいな。。



情けない男子としては・・。
でも、負けっぱなしでは居られないので。。

誓いを、、せめて・・・たてる。。という、、曲です。。


頑張ろう!男子!!!


| - | 21:37 | - | - | - | - |
メリークリスマス的な事で・・(笑)
なんやろか、、実際、ラジオでもクリスマスを歌ったりしましたけど・・。

ビックリするぐらい、クリスマスの実感がない・・( ゜Д゜)


そんな、ゆしんサンタからのプレゼントという事で(笑)


え〜、ワンマン5デイズから、動画を2曲、配信します☆

選曲については、、動画を撮って編集してくれたチームゆしんサイドへ完全にお任せなので、なぜこの2曲なのかは、、え〜・・特にこう、「こういう理由です!」というのはないんすけど・・。


とにかく、クリスマスプレゼントとして、楽しんで欲しいな〜と・・思っております(≧▽≦)


詳細は、ホームページにお昼頃、あがってくると思うので・・そちらをチェックして頂けたら・・m(__)m


や、ほんと、「メリークリスマス 」!!!
| - | 03:21 | - | - | - | - |
9.コトノハヲウタウ
コトノハヲウタウ/ゆしん

叫びたい事 多すぎて ただの一言も形にならず
食いしばった歯の隙間から ヒューヒューと息が漏れるだけ
結局のとこ僕ですら 自分信じてあげる事あたわず
選んだ目の前の些細な過ちに泣くのです

もしかしても しなくても 僕の言葉は脆弱です
僕も あなたも その友も 救うことなど 出来ないのです
だけど 僕は今日も届けるのです 粛々と愛を歌うのです
無力な自分には目を背け ストレートな言葉に照れながら

メロディーの魔力を奏で 伴奏という虎の威を借りて
複雑な気持ちをそのまま あなたの前 並べて見せるだけ
僕なりの答えを出して 恐る恐る顔色伺って
届いても届かなくても あなたを愛すのです

脆弱な言葉いつの日か 脆弱が故そっと寄り添えて
あなたのこぼれ涙拾ったり 泣き声オーケストラ指揮したり
出来ないかな 出来るかな 粛々と愛を歌うのです
無力な自分のまんまで ストレートな言葉に照れながら

あなたに救われた ぼくだから ありのままに救われた ぼくだから
ダサくて つくろえない すがたのまんまで うたう 届ける

もしかしても しなくても 僕の言葉は脆弱です
僕も あなたも その友も 救うことなど出来ないのです
出来ないんかな いや出来るかな 粛々と愛を歌うのです
無力な自分相変わらず ストレートな言葉には 照れながら




2017年は、割とヘビーなことが身近に起こっていました。

こう、、そういう時、あまり人に頼ったりすることは無く、自分だけで解決する・・というのが、これまでだったんですけど。

2017年は、どういうことか、、どうも、それが出来なかったようで・・。
そのヘビーさの内容とかにもよるんだとは思うんすけど。

・・で、結局、、僕は「友人」達に会いに行っていた・・と・・もう、ほぼ無意識で。。(笑)
え?こんなベタなことすんの?と、自分でも会いに行ったあとで気づく・・という・・。。

もちろん、特にそんな話をする訳でもなく、、ただただ、、会いにいく・・。

そもそも僕は、忙しいことにかまけて、友人達とはなかなか会わないタイプなので・・。
よく近くを通るような所でも、いつもは通り過ぎちゃうのを、、いきなり「こんちわ〜」つって、会いに行く。

当然、ビックリされるんだけど、むしろ自分の方がその行動にビックリする・・みたいな日々でした。。

で、全然関係ないような気がするんだけど。

「あー、自分が歌っていることって、こういう感じやな・・」ってのを、凄く感じた。
その思いを形にした、、曲です。

何と言うのか、、友人が、、そこに在るって事と。
自分が歌うという事は、ずっとここに、ただただ在るんだ・・っていう感覚が。
リンクしたというのか。


もともと、音楽のセンスがある訳でもなく、音楽的なことが何か分かる・・とかでもなく。
「歌う」という選択をし、それを辞めさせようとしているのか?というような現実に。。(笑)
いやいやいやいや、ちょっと待って待って!僕、やるんすよ〜・・すんませんすけど、そんなんされても、やりますよ?歌いますよ?いや、ほんとすんません・・。
みたいな感じで、歌い続けてきて。

で、あ、これはずっと歌い続けるんやな・・っていう感覚に今、ある訳なんすけど。

誰かを救える・・と確信できる歌詞が書ける訳でもなく、魂が震えるようなメロディーだ!・・てな曲が出来るわけでもなく。
・・でも、粛々と、、自分なりの愛情を、言葉とメロディーに乗せている・・という現状なんだろうと、、思います。


ずっとそうしてきて・・・これからもずっと、そうするんだと、、、思います。


あなたの側に、、在れたら、、いいな、、ゆしんの曲・歌が。。



この曲も、結木裕さんのギターが、、うっすら入っている・・すぺしゃるさんくす・・です・・m(_ _"m)
| - | 03:16 | - | - | - | - |
8.君という名の傷跡
君という名の傷跡/ゆしん

馬鹿みたいでしょう? 君が居なくなった日
僕が消えりゃよかった なんて思ってた
何の取り柄もない僕 何かよりも 
君の方が必要だなんて思ってしまってさ

ぽっかり空いた穴ん中で うずくまる間に
僕の中の君まで まるで泣きべそ顔

ごめんね 分かってる 君を想い嘆くより
忘れてあげられた時の方が 君は微笑むんでしょう?


認めたくなかった 君が消えた痛みすら
いつかは薄れてしまうなんて
カサブタを何度 何度はがしても
この傷が癒えていってしまうなんてさ

でも気付いたのだ でかい傷はさ
痛まなくなっても しっかりと跡を体に残してくれる

君という名前の傷跡をこの身に
刻ませてくれよ その方が僕も微笑むから


僕ら無数の 傷を負っては 残った跡を 背負って進むのだ
すごく悲しいよ でも ちゃんと笑うよ
癒えた傷跡が この僕を形づくるから

この傷が 君で この傷は あいつで
そして この僕も 僕もいずれ刻まれる

折れた骨がさ くっついて太くなるように
背負った傷跡の数だけ 僕は強くなる

僕らは生きる 君が生きた あいつが生きた 証を この身に刻んで
いつか僕らが 刻まれる日まで




これは、、あれですね。
僕によくある、「誰かが亡くなっている曲」・・ですね。

この曲については、ライナーノーツというか、、中身の話をする余白がないぐらい、けっこう歌詞にそのままの想いが入っています。

僕の「誰かが亡くなっている曲」には、必ず、実際に亡くなっている人が、その曲の向こうに居ます。

曲中に登場する人とイコールだとは限らないけど・・やはり、そういうタイミングで創られたり・・しちゃいます。

自ら終わりを選ぶ人も、、やっぱり居るし、、「なぜあなたなんだ・・」という人が、どうしようもなく、、居なくなっちゃう事もある。


歌にするのは、、、自分なりのけじめをつけたり、、してるんだと思います。
それで、「バイバイ」が言えるんだと思う。

「あなたの終わり」に意味を持たせて、ようやくバイバイって言える。
・・んだと・・思う。。

それが、みんなに聴いて貰える曲の出来方として、いいのか悪いのか・・ちょっと分からないんですが。。
でも、誰かにとっては意味のある曲になってこそ、「あなたの終わり」にも意味を持たせられる・・とは思っているので。

この曲も、誰かに届いていれば嬉しい。


現時点、僕は生きている訳だし、、。
届けていきたいです。


・・という、なんかライナーノーツなんか何なんか・・分からない・・文章・・(笑)


あ、そうだ、この曲。
後で気づいたんですけど、うっすらと後ろにギターの音が入っていて・・。
これは、ちょうどその放送の時に来てくれていた、「結木裕」さんが弾いてくれていた様子・・。
ご本人に確認も取らず、、発表してしまった形に、、(;´・ω・)

のちに、ちゃんとご了承いただきました・・(笑)

| - | 02:54 | - | - | - | - |
年納めラジオでした☆
結木裕さんをゲストにお迎えして、年内ラスト、クリスマスバージョンのやまかしたろか?ラジオでした!

ゲストは1人、、でも、プレイヤーは僕入れて3人、、という、聞かないと分からない、、素敵な放送でしたよ(笑)



まだまだ今年は長いですが、、、。
メリークリスマスなこの放送、、、ひとまず皆様、再放送でも、聞きましょう(≧∇≦)


ほっこりしますよー!


聞いてくれはった皆様、ありがとうございますー!!!!!m(_ _)m




みのおエフエム
タッキー816(FM81.6MHz)
毎月第4日曜 お昼3時から4時

『やまかしたろか?ラジオ』
2017年12月24日(日) 生放送

《ゲスト》
結木 裕さん
https://uku309.wixsite.com/home

,△覆燭好き Merry Christmas ver./ゆしん (ゆしん 弾き語り)
weekend moonlight/結木 裕 (結木 裕さん 弾き語り)
G鬚の人達/桑田佳祐 (セッション)
All I Want For Christmas Is You/Mariah Carey (ゆしん弾き語り)
タ寝討硫娘臓織汽競鵐ールスターズ (セッション)
Dragon Night/SEKAI NO OWARI (セッション)
Г覆蕕佶佑あなたを殺しましょう/ゆしん (ゆしん 弾き語り)
素直な気持ち/ゆしん (ゆしん 弾き語り)


ラジオ生放送を聴き逃された方、
聴いてみたい!と思ってくださった方は?

やまかしたろか?ラジオ
《12月 再放送》2回あります。
12月24日(日) よる10時から
12月25日(月) ひる3時から

《次回 1月 放送日》
1月28日(日) ひる3時から

みのおエフエム タッキー816
http://fm.minoh.net

【ゆしんのラジオ(みのおエフエム)を聴く方法。】
【ゆしんのラジオ(みのおエフエム)へリクエストする方法。】
http://yu-shi-n.com/radio/



【毎月第1木曜日】
定期ワンマンライブ
『ゆしんの夜 〜RJ編〜』
2018年1月4日(木)より、毎月開催します★
http://yu-shi-n.com/news/yushinnoyoru-2018/

★ゆしんの活動詳細全般はコチラから↓
【ゆしんドットコム】
http://yu-shi-n.com/
| - | 18:36 | - | - | - | - |
ゆしんのらじお に について。
むっちゃいいアルバムやん・・と思う。。。(笑)



ライナーノーツを書くうえで、、こう、、改めて聴きなおしているんですが。

凄くいいアルバムだ・・。


ピアノ弾き語り、一発勝負。
録音状態も、特に良いわけじゃない。
僕は、、歌もピアノも、、安定感が半端ないレベルで・・・「無い」・・・から・・・(;´・ω・)

でも、その潔さが・・こう・・聴いていて曲と向き合わせてくれるというか・・。

いや、もう、僕のほら、声がいいしさ、曲がまたいいしさ、時にはもう、ピアノすら、いいやん?ってときあるしさ・・・(*ノωノ)



・・・・・・・・・・m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m・・・・・・・・・・・・・





結構なバラエティーに富んでいて・・・でも、やっぱり全部、「ゆしん」って感じですね。
僕はもう、「ゆしん」の呪縛から逃れられないんでしょうね。。

や、喜んでそこは、呪縛を受けようとしているぐらいの、、勢いなんですが・・。



う〜〜ん、、、めちゃくちゃいいなぁ・・・。

・・で、やっぱりキッチリとした音源化・・・したくなるよねぇ・・・。。。。
来年の秋には音源出そうぜ!って話も、、チラホラ出たり出なかったり・・しているので 。

うん、こんなにいい子たちが待っているんだから、、音源化されるのを。。
よし、父ちゃん頑張るぜ!
君たちを立派な音源に仕上げるぜ!!!


・・でも、まずライナーノーツ書くぜ〜〜!!!!
こっちがもう、全くもって遅れてるぜ〜〜!!!!
そんな時にこんなブログ書いてる場合じゃないんだぜ〜〜!!!!
でも、いいアルバムだから言いたかったんだぜ〜〜!!!!
みんな聴くんだぜ〜〜〜!!!!!!!!!
| - | 22:54 | - | - | - | - |
4.一生分の大勝利
一生分の大勝利/ゆしん

それでいいのだ それでいいのだ ほら あの人も言ってるよ
バカになること アホになること 出来ても出来なくても構わない
だって いつでも ここに 逢いたい人が居るから

これでいいのか あれがいいのか 泣いても笑っても分からない
一人で居ても 二人で居ても 結局 何にも分からない
不思議だ それでも ここに 逢いたい人が居るのだ

大好きだと 愛してると
涙にじませ それだけ言えたら 一生分の大勝利


変わってゆくもの とどまってるもの
どちらが正しいとかじゃなくて

ここにあること ただただあること うつむいて空見上げ息を吐く
進んで止まってまた歩いて 逢いたい人の元へいく

大好きだよ 愛してるよ
涙にじませ それだけ言えたら 一生分の大勝利

涙にじませ たった一言 一生分の大勝利



バカボンのパパが言うじゃないですか。
「それでいいのだ」

これが、どれだけ名言なのか・・みたいな話は、もうしつくされているので、ここでするつもりはないんですが。
その〜〜・・ね。
まず、一つの言葉として、名言だし。ギャグマンガとして、時代の中で、どうだこうだで、だから売れたんだ・・とか、、もう、そういう議論ね。
それはもう、今回は外します。何回朝を迎えても終らないし。

や、ただね。
とかく凄い言葉であることは変わらない訳です。

その、「それでいいのだ」って。

ほなら、自分としては何を「それ」にするんかな〜・・って。

そういう所から始まりました、この曲は。


で、双子ソング。

これ、もうテーマは「好きな人想うこと」ってのと、全く一緒なんすよね。
キーとかも一緒。

言いたい事、曲の雰囲気、、全部一緒。(笑)

ただ、違う曲であることには変わらない。
・・という事で、この二曲は、見事僕からの双子ソング認定を貰っています。

なので、今回のCDでも、連続で並んでいます。
双子やもんね、引き離したら可哀そうよね。

で、あとはもう、、「好きな人想うこと」の方に、、、書いちゃった・・・ごめんす。
あっちで、ほぼこの曲のライナーノーツを書いた感じなったんすよね〜。。
余りにも内容が一緒だから。。。(;´・ω・)


でも、面白いのは、それでもやっぱり違う曲なんやな〜・・て事です。

双子が、やっぱり別の人生を歩むように。
この子たちも、やっぱり違う。
多分、違う方向へ育っていくと思う。歌い続けているうちに。


で、この曲で「よっし!これはいける!」ってなったのは。

「一生分の大勝利」ってのが出てきたときすね。

なんか、もう忘れちゃったけど、色々案があったんです。
でも、どうもしっくりこなかった。

「それだけで大丈夫」とか、なんかそういう系がいっぱい上がってたはず。。


で、ひょろっとこう・・「一生分の大勝利」って、、出てきたんすよね〜。。。
一生分なんすよ、、そんだけでっかい勝利を収めるんすよ。。
でも、そのでっかさに見合ったいかつい言葉の感じが、全然しなくて、、むしろ可愛い。。
ね?
これ、、良くないすか・・これ・・ほれほれ・・・。
| - | 22:43 | - | - | - | - |
3.好きな人 想うこと
好きな人 想うこと/ゆしん

好きな人 想うこと とってもとっても 素敵なこと
男の子 女の子 皆 胸があったまること
好きな人 逢えぬ日は 正直 胸が軋むけど
この想い抱いたこと 後悔したりもするけれど
まん丸お月さんが出ていたら 真っ先にあなたに教えたくなるの
好きな人 好きなこと 本当は それだけで ありがとう

好きな人 想うこと 新しい自分が 生まれること
見たことない顔で笑い 聞いたことのない声が弾む
好きな人 想うこと 本当の自分が 分かること
見たことない顔で怒り 聞いたことのない声で泣く
それでもお月さんが丸いから 真っ直ぐにあなたに逢いたくなるの
好きな人 想うこと とってもとっても 素敵なこと

真っ黒な夜空を見上げても やっぱり あなたに逢いたくなるの

好きな人 想うこと 胸が張り裂けそうなほど
とっても とっても 素敵なこと



とにかく、可愛い曲を創りたかったんです。

とある曲をカバーした時に。

とかく可愛いな・・・というのがあって・・・。
なんか、表現が、、歌詞もメロディーも、、もう、甘酸っぱさが凄くて。。
青春に行く前の甘酸っぱさ、、ちょっとこう、セピアっぽさすらある感じの。

そういう曲をカバーしたとき・・恐ろしく幸せな曲で、、カバーしながら自分がやたら幸せだった・・(笑)

そんな訳で・・。
「男の子」とか、「女の子」とか、、可愛らしく言いたいなーと。。。
思って書いた曲です。


で、その。

曲を創る時って、ですね。

役者さんの、その、憑依タイプというか。
役柄に同化して演じる、演技を仕上げていく・・っていうタイプの人居るじゃないですか。
(分かるよね前提で喋ってすみません。。「私、辛いのダメ系じゃないですか〜?」とかとは違うんですよ!・・と言いたい・・けど、、、一緒だといわれると反論出来ない・・苦しい。。)


で、、えとですね。僕、結構そういうとこあってですね。
こういう曲創るよ〜・・て、自分の中でなると。
もう、それがどんだけ恥ずかしい事でも、、完全にその世界の中に存在しちゃうんです。
めちゃくちゃ本気の話なんすけど、その中に生きているような感覚で、曲は創っていきます。


「可愛い曲」・・という世界の中に生きていて。
「好き」って、、、めちゃ可愛いね、、ってなって。。(笑)

で、その中に存在しながら進んでいくと。。。


いや、、、好きってこと、、、ほんま凄いな・・・と。
好きってことは、偽れないじゃないですか。

この人を、本当に好きになろう・・って思って、なれるもんじゃない。


もし、、、もしもですよ。

「好きです。」って言ったときに、なんかこう、、溢れ出る感情で、、こう、、うっかり涙ぐんじゃうような。。
そんな、「好き」って感情。
そういうのを持てたら・・。

これ、、、もう、、、驚くほど幸せなことだな・・と。


内容としては、双子ソングの「一生分の大勝利」と被るんですけど・・(^▽^;)
※双子ソングって何?とか、一生分の大勝利って何?て感じですが。。。
 そこは、そっちの曲のライナーノーツで♪


なんせ、そうなんです。

ぐ〜〜ってこう、、嬉しいような、苦しいような、、でも、やっぱりこう、「好きだ」って事が、、もう、溢れ出る感情のでかさが凄い・・と。
で、、涙ぐんじゃう・・。

この、「涙ぐむ」ってのがまた、いい表現だな〜〜。。
話はそれましたけど。


そういう感じ。。

何故か泣きながら、涙ぐみながら、「好き」って言えちゃう。

そういう相手が居ればもう・・最高ですよね。人生。





| - | 22:28 | - | - | - | - |
7.凡人
凡人/ゆしん

理不尽な世界 あいつだけ持ってて 僕に無いもの なんでこんなにあるの
隣の芝は青いようです 僕以外はみんな 天才のようです
神様が僕を 愛してくれずとも 肩ひじ張って 当たっては砕けて
育つ前からへし折られ続けた 翼は無残で 飛べたもんじゃない
向いてないのにね ねぇ?

進め凡人のまんまで 創意工夫で飛べ
絶望が駆け巡っても しかたないじゃない だって やるんでしょ

持ってるもんは たった一つ 「あきらめらんない」って才能
強がり 勘違い 思い上がり まぐれ かき集め

進め凡人のぼくらに 下向く暇などない
かろうじて残ったプライド 叩き割られても どうせ やるんだし


理不尽な世界 だれにでも 両手広げて 見せるくせに

進め凡人のまんまで 創意工夫で飛べ
絶望が駆け巡っても まだ まだ まだ まだ

持たざる者の美学 役立たずの 翼ひろげ
進む凡人のぼくらは 後悔 焦燥 抱え 果てしなく




これも、2017年に出来た曲です。
・・というか、このアルバムは、トラック1・8・11以外は全部2017年に出来た曲・・だったと思う(笑)

何にせよ。。


もう、、自分の凡人感には、、昔から大変に打ちのめされて来ていて。。。

物凄く正直に言うと、人からは凡人でないような扱いを受けることは多々あります。
「凄い!」・・というよりも、「凄く変だ・・」が多いんですが。

まぁ、勿論「凄い!」といってくれることもある。

ただあれです。どちらにせよ。
それは、僕が凡人の枠を抜け出したくて、なんか一所懸命色んなことやって、凡人ぽくないように振舞っている事に対し、言われていることがほとんど。。
要は、表向きに凡人ぽく見えないように、自分でしてるだけなんです。。

これ、まぁまぁぶっちゃけ話ですけど・・(笑)


歌をやるって決めた10歳前後のとき。
もう、この業界の憧れる人たちはみんな、良くも悪くも「非凡」だった。

天才であったり、破天荒だったり・・。
それを知っていて、、もうすでに、凄い敗北感だった・・。

いやだって・・僕・・普通っすやん。。。


天才になる方法とか、分からんし。そもそも天才って、「天」から与えられた「才」能でしょ?
いやいや、、もう、無理やん・・。
破天荒に生きるって、、いや、なんか大概気いつかってしまう方やし、、無理無理。。

って、、10歳前後で思ってました。


ヒーローショーのバイトを始めたことや、妙なパーティーロックバンドをやったこと。。
何なら、学歴や税理士資格、、Mなイベント・・全部、その自分の凡人さを覆い隠したい・・っていう、鎧みたいなもんだと思う。

個々の状況で取る選択肢には、勿論その時々の仕方ない状況や思惑なんかでそうなるんだけど、根底には凡人を抜け出したい・・という思いが、絶対にあります。


そんな思いがもう・・そのまんま溢れ出した曲です。。

毎月新曲・・っていうのも、別に音楽だけやっている時代なら、週に数曲創ったって平気だったんだけど、今の状況ではめちゃくちゃ自分を追い込むような事もあり。。
・・で、ヤバい!、、新曲創らなきゃ・・って時に、風呂で読んだジャンプ(僕はいまだに、ジャンプ・サンデー・マガジンを毎週購入しています・・何か?)・・あ、ジャンプは風呂でしか読む暇ないので、いつも風呂で読むんすけど・・え〜・・あ、そう、風呂で読んだジャンプの、ハイキューの田中さんが超かっこよくて・・思いが噴出してきて・・で、創った・・ような感じです。

ハイキューの田中さん(何言ってるか分からないすよね。。ハイキューというタイトルの漫画の田中さんというキャラクターです。漫画のタイトルが合っているか、田中さんという名前が正しいかは分かりません。。m(__)m。。)が、「で?凡人の俺よ、下向いてる暇はあるのか?」的な名台詞を、今まさにジャンプしようという(あ、バレーボール漫画なので、こう、アタック打つ時とかだったような・・)、こう、ボールを見上げてぐっとしゃがんで、手が後ろから前に振られるような、そんな状況ですげー恰好いい表情で、、、、言うんだよ。。。

あー、、、もう、、、これなら格好いい。。。。
こうなりたい・・訳じゃないんだけど。

あくまで、マイケルジャクソンとか、そういうものを超えていってなんぼなんだけど。。

でも、この田中さんが格好いいという事実は変わらない。。

・・そういう曲です。


でね。

きっと、、どの分野でも。
どんだけ上に行っても・・・やっぱり、自分が凡人だ・・という人・・が、ほとんどだと思う。。
どこまで行っても、、すげーやつはすげーもん。
あり得ない能力を持っている人・・いるから。。

上へ行けば行くほど、そういう人たちと戦わなきゃいけない。


だから、そうやって踏ん張ってる人に、、、聴いて欲しい。


僕ら凡人はもう、、「創意工夫で飛ぶ」しかないすよね。
やってやりましょうよね。

天才が必ず勝つなんて法律、無いから。
やってやろうじゃないの。

持ってないもんには、持ってないもんの美学があるんですよ。
戦い方があるんですよ。
見てろよ。



・・という、、曲です。

| - | 04:45 | - | - | - | - |
5.永遠なるひとときのあいまに
永遠なるひとときのあいまに/ゆしん

途方のない日々を ただ行かなくてはならない事に怯えていた あの頃の自分を
優しく深く大きく包んでくれた あなたのあの眼差しと言葉に 救われていました
出来れば あなたの様になりたい あなたのその温かい手の平や豊かな笑顔を携えて
何者にもならない 愚か者にすらなれない自分を慰め 鼓舞し
いつまでも乾かない泥が足を覆い覆っては覆いする この不確かな足裏の
踏んでいる物の形すら分からない感触が 一歩一歩進むごとに
その不確かであるということそのものが より確かなものとなっていく
(ぬぐ)うことのできない現実に
嫌気がささぬよう 生きることを辞めぬよう 光をあて 誉め そやし
どうにかこうにか後進へ行くべき道を示し また
その示そうとする姿勢そのものが意味あることと信じ
自らをも 許していけるのかもしれないと思った その矢先の

あなたの悲惨な裏切り 勝手に命を絶って
拠り所が無くなった 虚ろな日々が分かりますか
ねじって ちぎって なじって なぶって 腐っちゃダメって留まる毎日
そしたら今日も咲いていた 思えば毎年そこにいた
出会って 愛して 終わって それでも咲く「桜って本当に凄いなと思ったんです」

(いにしえ)の愛を知り 物言わず 微笑み たたえて
静かに立つ 風に舞う 何を伝える?桜

ねじって ちぎって なじって なぶって 腐っちゃダメって留まる毎日
そこはかとなく書きつくる日々を あなたへの愛を認める文へと
舞い散る桜への酔いに任せて 大声で泣いては確認しました
あなたは誰よりもひどく されど あなたに「非」など一つもないのです
下唇をかんで上目をつかって うらめしく眺め でもでも ありがとう
そしたらやっぱり咲いていた 思えば いつでもそこに居た
咲いて散って咲いて散って咲く!!「桜って本当に凄いなと思ったんです」

(いにしえ)の愛を知り 物言わず 微笑み たたえて
静かに立つ 風に舞う 何を伝える?さくら

はら はら 散るらむ花 さあ さあ どうする? 人の子

(いにしえ)の愛を知り 物言わず 微笑み たたえて
静かに立つ 風に舞う 「そ」を伝うは桜

道行かば 人を知り 背負うは艱難辛苦
されどまた 人を知り 喜びを身に宿す

静かに立つは桜 永遠(とわ)なる ひとときのあいま





僕の創る曲に、桜の曲って多いような気はします。

桜日和・桜とダンス・綺麗だね桜・あざやかなさようなら・・・などなど・・・。

桜って、、もうこれは、、どうしても創作意欲が湧きますよね・・なんか、妖艶すぎるし・・あったかかったり冷たかったり・・。
こう、、存在が凄い・・。(表現力に乏しすぎる・・笑)


そして、もう一つ言うと、僕の曲に人が居なくなる・・ひいては亡くなる曲がこれまた多い。。


この曲は、その二つが合わさっています。

亡くなって会えなくなった人がいる。
自ら命を絶った、自分にとってかけがえのない人がいる。

その人には、多分とてもとても、いっぱい救われたんだと思う。

通常、言葉にしてはいけないと思ってしまうような、鬱屈した何かを・・多分、ずっと一緒に分かち合ったか。。
あるいは、違う形で癒して貰っていたのか、、。

本当に大事な人。

そんな人が・・自ら消えていく。。


でも、、、そういえば、、、「ここに、ずっと桜が咲いているな・・毎年・・」と、思う。



っていうとこからストーリーが始まる訳なんだけど。

まぁ、始まったとこから一秒も進まないけどね。(笑)
その、一瞬だけが歌になっています。

「あ、桜だ・・」って思った、その瞬間。


描きたかったのは、悲しみとか、逆に喜びとか、、そういうのではなくて。

何度、どういうものを見ても、、ただそこに「在る」という事。

桜は、ずーっと、同じことを繰り返している・・という事。
僕らは、その桜と一緒にいる。

桜が目に留まらない日もあれば、笑いかけてくれているように感じる日もある。
怒られているようであったり、諭されているようであったり、不気味に見えたり・・。

桜にも、勿論寿命があるんだけど。
何となく、永遠のような佇まいをしてるじゃないですか。

その、「永遠」っていうのと、、、「あ・・」っていう「一瞬」。

ここが通じ合っている・・という事。


「悲しみを忘れようよ」とかではない。
「前を向いていこうよ」とかではない。
「精一杯生きよう」とも違う。
でも、「生きるのを辞めれば?」では、勿論ない。


どう過ごしていいのか。。どう耐えればいいのか。。
分からない時期を、救ってくれた人が居て。
自分に意味を見出しかけて。
それなのに、その人が自ら居なくなった。
何も入って来なくなった心に、、桜だけ、すっと入ってきた。。
ずっと、、、ずーっとそこに在った桜。。

永遠と思える時間を生きている桜と、、永い苦しみの中にいる自分と・・その桜に気づいた一瞬。。

「生きる」ってことに、向き合いたくて書いた曲です。


生みの苦しみは大きかった気がするけど。
桜の力と、、語らせてもらう(メロディーのない)部分と、歌の部分と、、という構成で、どうにか形に出来ました。

とても好きな曲です。

あ、まぁ、大概好きな曲か・・・(笑)





| - | 04:02 | - | - | - | - |