RECOMMEND
ヤマカシ
ヤマカシ (JUGEMレビュー »)
サントラ, ジョーイスター, DJスパンク, ファビィ・フィーチャリング・レイディ・レステ, アイロン・サイ・アンド・ディスイズ・ラ・ペスト
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日記

イムの毎日〜〜♪
2.明日の明日のまた明日 の 明日の明日のその明日
明日の明日のまた明日  明日の明日のその明日/ゆしん

明日の明日のまた明日  明日の明日のその明日
あなたと歩く道の途中 明日の明日のまた明日も

いずれヒザを折り横たわる その日まであなたと手を繋ぎ
踏み進む大地 荒れ砂利の地 明日の明日のまた明日も

そしたらね 足の裏までだけ 僕らの後ろ道が延びている

振り返り遠く見渡せば はるか離れた二又道
か細き線が重なって こりゃまた立派な凸凹道

明日晴れたら 明日雨なら 明日雪なら 明日が来るなら
愛した11つを 愛した22つを 愛したと伝えよう 大したことないけど
明日の明日も そのまた明日も またまた明日も はたまた明日も
この地を歩こう 荒れ砂利の地を 並んだ 不ぞろいのぼろぐつ

そしたらね 足の裏までだけ 僕らの後ろ道が延びている

振り返り遠く見渡せば はるか離れた二又道
か細き線が重なって こりゃまた立派な凸凹道

明日の明日のまた明日  明日の明日のその明日
あなたと歩く道の途中 明日の明日のまた明日も
明日の明日のその明日も



2017年。

毎月新曲を発表します!という事でスタートさせた、なんというのか、、激動の年・・。

その、一番最初に創った曲。
久しぶりの新曲・・。


2016年の末まで、約3年半に渡り、とにかく、毎月大量のカバーをする・・時にはひと月で30曲近い曲をカバー・・という、これはこれで無茶なことをやっていて。

ただ、リクエストを貰って、それを絶対翌月のイベントでカバーしきってみせます!というタイプのものだったので、とにかくみんなが名曲をリクエストしてくれて、、その名曲達が自分の中で蠢いていました。

その蠢いているものが、じわーっと自分に消化されて。。
いや、これ、めっちゃいい曲創れる気がする・・って、、なってた訳です。
もうリアルに、そういう、僕によくある根拠ない自信みたいなのがあった・・。


で、まぁ色々あって、とにかくリクエストにお応えするっていうイベントが一旦終了する際、とにかく新曲を創っていく事をしよう・・と。
毎月一曲出すことになったきっかけは、また他にもあるんですけれど。

でも、とにかく曲を創りたくてしかたなかった、その最初にポロっと生まれた曲です。


なんというか・・え〜・・言ってしまうと・・「愛」を歌いたかった・・(笑)


「愛」とかね、、気恥ずかしいですけど。
でもとても、自分の中に溢れていたので。

こんな状況下で続けられている事・・。
聴きたいと思って、毎月のように足を運んでくれる人が居る事。。

そして、カバー楽曲にたくさん触れ、ここから自分の創る曲が凄くなる!って、リアルに思えている事。

なんか、こう、、感謝する気持ちが本当に強くて。
もう、感謝って・・ねぇ?強くなっていくと、愛情みたいなもんになるじゃないですか?

そんな気持ち、そのまま歌いたいな〜と・・特に、久しぶりに、さぁ!曲創りの年だ!っていう最初に創る曲だし。

で、こう、、ほどけるように、するすると・・出てきた感じです。

明日も明日も・・明日も明日も・・その明日も・・。
ずーーーーーーーーーっと。。。

そう、ほんと、簡単なようで難しいけど。。
ずーーーーーーーーーっと、、一緒に、、、。




| - | 05:06 | - | - | - | - |
さぁ、非常にゆっくりとしたペースでライナーノーツがアップされております。。
いやぁ・・・・遅い・・・。。。

遅いね、、、ライナーノーツが上がるの・・・。。

ごめんなさい。。


あの、その。。

えっと、もうリアルに、、税理士として、、だけでも寝れないので・・この時期。。。


そこに、叩きこんだから!!
ワンマン5デイズ!!

「Yo!」つって!!
「Ah!」つって!!


俺なりの生きざまっ!!

みたいなやつを・・・こう、、ね。
叩きこんだので。。。


そらもう、こういう日々が待ってるよね。。。



という事で。

分かり易く、言い訳です。(笑)
すみません、、。

でも、頑張りますので!!


見捨てないでください・・皆様・・神様・・。


神様ぁーー!!!
元気っすかぁーー!!!
| - | 20:07 | - | - | - | - |
6.顔中ぐしゃぐしゃの泣き笑いで死んでいくために
顔中ぐしゃぐしゃの泣き笑いで死んでいくために/ゆしん

大丈夫 根拠もなく 感情に 刷り込んでく
繰り返して 積み重ねて チリの山を根拠となす
(Yo!)弱い自分を認めるな (Hey!)平気な振りには慣れるな
(Ah)甘えることにビビれ ただ 胸にしまっとけ
天に向かって唾を吐く っていやそれお前 普通に汚いだけやからな
マナーもへったくれもない 唾は飲み込め ひざまづいて見下せ
大切な人のために 頭を下げろ 体制に巻かれろ
変わっていく自分を 受け入れろ 目をそらすな
不条理を飲み込み 汚辱に飛び込み 恥辱にまみれ へどを吐け
恥をかけ嘘つけ 卑屈に笑って ぬるま湯に 浸かれ
人を傷つけるな 仮面をはずすな 仮面の下でも泣くな
愛すべき世界 何もとりこぼすな 全部取れ 全部取れ

終わりのとき 見渡せば 大喝采
笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔
初めて許される泣き笑い 顔中ぐしゃぐしゃにして死んでいくために

守るべきものを守り 嫌な顔一つせず
ずっと声を押し殺して 社会の歯車になる
(Ho!)本音は極力言わず (No!)望みはあまり叶わず
(So!)早々にキバを折られた ように見せろ 爪を隠せ
さあ魂に聞け そんなことぐらいで お前の本当は揺らぐのか
集った仲間に守られてみせろ 全部取れ 全部取れ

終わりのとき 見渡せば 大喝采
笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔
初めて許される泣き笑い 顔中ぐしゃぐしゃにして死んでいくために


キレイなだけでは居られない 澄んだ水に魚は住まない
だけど濁った水の色に 芯の芯まで 染まってしまえば
結局 右に倣えだ 唾を吐きかける相手もいない
とがった自分をよそおって ポケットのこぶしを握れもしない
気をつかえ 優しくあれ 先達を敬え 下を導け
右の頬を打たれ左の頬は出せずとも
打ってしまった相手のこと 一ミリぐらい分かってやれ
不器用でしかないのなら それを補う努力をしてみせろ
まるで器用な奴の顔をして 己の中の不器用さを貫け
キレイなだけでは居られない 澄んだ水に魚は住まない
嫌悪していた濁り水の中で お前が一体 何色であるかだ‼︎

まみれて まみれて まみれて まみれて まみれて まみれて 清廉で
都合のいい取捨選択に甘んじるな 全部取れ 全部取れ
終わりの時 許される 感情に 酔いしれろ ほら‼︎ 拍手 拍手 拍手 拍手 拍手
潔白な汚れ抱え 頭(こうべ)を垂れて ポタポタと 好きなだけ 涙 流せ 流せ 流せ
終わりのとき 見渡せば 大喝采
笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔 笑顔
初めて許される泣き笑い 顔中ぐしゃぐしゃにして死んでいくために



やっぱ、、時代はヒップホップじゃないかな?
・・と、もう、完全に時代もヒップホップの事も分からないやつが、、創りたくなったんです。

自分なりのヒップホップ。。。

「Yo!」とか「Ah!」とか言えば、ヒップホップになるんだろうか・・と・・思って。

そんなのを入れてみて、、でも、絶妙に恥ずかしくて、ついそこも歌詞の一部にしてしまう・・という・・(笑)


ただ、そんなこんなで「俺なりのヒップホップ!」みたいな事ばっか考えて創っていってたんすけど。
どうも途中で、方向性が変わってきて。。

実は、ずっと歌いたかったテーマが、、この、言葉を叩きつけることが許されるシーンというか。
ラップとかヒップホップとか、音楽の一カテゴリーというよりも、生き様を表すような、、なんか、そういう音楽シーン。

その形を取るのであれば、ずっと言いたかったこと、言えるんじゃないのか?と。


で、一気に出来上がっていった。。

メロディーを守る必要はなく、でも無視する必要もなく、歌ゾーンでは、喉がちぎれてもいいつもりで、歌ったらいい・・。
ただただ言葉を叩くときは、ガンガンどこまでも行けばいい・・。
そういう感覚で言葉を込めていくと、実にピッタリとはまって。。


どうして、「二兎を追う物は一兎をも得ず」・・とか、言うんだ・・と。
いや、難しいのは認めるし、一兎も捕まえられないやつが、何言ってんの?アホちゃう?みたいな事、勿論分かるけど。


でも、こういった言葉に逃げるのはヤダ・・ってのは昔からあって。

僕はむしろ、慣用句とか故事成語とか、そこに込められた連綿と続く人の思い・・とかには敬意をめちゃめちゃ持つんだけど。
でも、何も考えずにそのまま使うのは、なんか違うと思っていて。


本当に、、真剣に、、、二兎を取りに行っても・・・いいじゃん・・と思う。

大の虫を生かしながら、小の虫を生かす事を狙ったって、、いいじゃん。。

取捨選択、、断捨離、、整理整頓、、絶対しなあかんのか?
ごちゃっと抱えて、じりじりっと運んでくれる・・みたいなやつが居てもいいんじゃないのか?

自分を守るために人を傷つける必要・・ないんじゃないのか?

全部守って、全部取って、、で、自分も幸せ・・狙ったっていいんじゃないの?


それは果てしなく難しく、しんどく、キツく、実現の可能性が殆どない・・・というだけだと思う。


別に、「果てしなく難しく、しんどく、キツく、実現の可能性が殆どない」は、やらない理由にはならない。


もし。

最期の瞬間まで、なににもならなくても。。


もし。

自分が自分に、「よくやり切ったな」って言えるとこまでいけたら。。。


ほんとに、「顔中ぐしゃぐしゃの泣き笑いで死んでいく」ことが・・・出来ると思っています。


そこまで登りつめたら・・・そらもう、、、みんな鼻血噴き出しまくるような歌、、歌ってると思うよ、、僕・・。




| - | 20:02 | - | - | - | - |
伊原って書いてますね・・(笑)
税理士の仕事をしながらブログ書くと・・・こうなりますね・・・(笑)


え〜、、どの日記に「伊原」って書いてて、、、そもそも、どういう意味なのか・・・みたいなのは。。


もし分からない方がいらっしゃいましたら、、、是非、生ライブの会場へ(*ノωノ)




| - | 23:03 | - | - | - | - |
そして、1月4日については・・。
ゆしんの夜、再開の一発目が1月4日なんですが。。

これはもう、2017年に創った曲のみで、、かつ全曲・・やろうかな・・と思ってます。
増えるとしたら、新曲・・(笑)

カモンす!!
しぇきなべいべー!!!
| - | 22:56 | - | - | - | - |
ゆしんの夜、再開☆
そうなんです。


「ゆしんの夜〜RJ編〜」が、再開します。


というか、そもそもネット上ではシークレットになっていましたが、「ゆしんの夜」自体は、ずーっとRJでやっていましたm(__)m
「は?マジで!?は?何それ?言えよ!!なんなん?マジ腹立つんすけど!!いや、言おうよ!なんなん?」みたいな方は、、多分そんなにいないと思うので。。

でも、なんやかや、すんません。。
とにかく、やってました。


ただ、ひとまず1月からは「ゆしんの夜〜RJ編〜」がちゃんと始まります。


でもね。
正直な所、どういう形にしていって いいか、、、まだ、少なくとも確定はしていないです。。
前みたいに毎回リクエストをもらって、絶対にお応えする形にするのか・・。
いや、やっぱり新曲を創りまくるのか・・・。。。

いずれにせよ、M企画になるのは間違いないので・・(笑)


どんどん、予定空けて来てくださいです〜!!!(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)



伊原




| - | 22:50 | - | - | - | - |
1.とっておきの歌
とっておきの歌/ゆしん

どんな季節にも 思い出を刻もう 手始めにそう 雪の日なんてどう?
例のベタなやつ「寒いから くっつこう」って
のってくれるかな? 僕はまだ君をよく知らない

でも 時を重ねて 分かり合っていけば
深まる愛と共に スレ違いや衝突も増えて
絆や思い出 全部まとっても ギリギリの戦いを強いられるのかな?

これは愛の唄 君と僕のうた どうしようもない日に 二人で歌う うた
僕が一番を 二番は君が 盛り上がるとこは 一緒に歌おう

ハモろうとして 思い切り外して 顔見合わせて吹き出す為の とっておきの唄


そりゃ僕らの間にも 殺伐とした空気 流れる日だって いつか訪れる
ちらつく雪の中 組んだ腕の あったかい記憶でも たちうちできないよな日は
どっちか から歌い始めよう 僕らが溶け込んだ フレーズとメロディー

これは愛の唄 君と僕のうた 笑えない日 かわりに歌う うた
僕がダメな日は君から歌ってね きっと最後は 一緒に歌うから

涙目になって 鼻赤くして ひどい声で それでも愛を 伝える歌


めちゃくちゃなメロディーでも 思い出したくもないフレーズも
僕らで奏でる 奇跡のウタ


これは愛の唄 君と僕のうた 何気ないとき 口ずさむ歌
じゃれ合った日も ののしり合った日も
忘れ去った日も 昨日のように思い出す日も

二人で創っては壊して また重ねる どこにもない ハーモニー
僕が一番を 二番は 君が 盛り上がるとこは やっぱ一緒に

ハモったりなんかして なんかちょっと うまくなって
顔見合わせて吹き出す為の とっておきのうた



今回のアルバム、最初に収められています。

とあるカップルのために、書き下ろした曲。。
ご結婚、おめでとうございます的な曲。。

割と電撃結婚のイメージだったので、付き合いが浅い時期の気持ちを、、歌に。。と、、。。


なんというか。。


男女が一緒にずっと居るってのは、とても色々、難しいというか。

ん〜、、家族でも難しいもんね。

僕とか、あれです。
父親と非常に仲いいですけど。

それは、自分が小6とか中一のときに、父親が家を出て行ったからで。

そこから、いい父親しか知らないというか、互いに気遣いあったから・・のような気はしています。

あれ、ずっと一緒に居たら、結構衝突してたんじゃないか?という気はするんです。


実の父息子でそれやからね。

他人の、しかも「育ってきったぁ〜かんきょおっが〜ちぃがぅっかぁぁぁらぁぁ〜〜ぁぁ♪(セロリより)」の、二人。。。
というか、そもそも男女・・・。

そんな二人が一緒にいて、何もない訳ないすよね。

ただ、そんな紆余曲折も含めて、「二人だけが知っている時間」が、もう、濃密かつたくさん・・流れている。。

これはもう、、「歌」よな〜・・・と思うんです。

紡いでるもんね。
重ねて、推敲して、メロディーと歌詞と、演奏がある・・「歌」・・だと・・。

どんどん、深くなっていく世界。


本当に苦しいとき、助けてくれるのは「綺麗なもの」や「整理されたもの」とは限らない・・というか、むしろそうでないことの方が多いと思う。

ごちゃごちゃとして、生々しくて、泥臭い・・けど、だからこそ美しいもの、、、そういうのんが救ってくれる事が、ほとんどだと思うんす。


二人で創った、その二人専用の「歌」。
ごちゃごちゃとして、生々しくて、泥臭い・・・そういう「歌」。

そんな歌を、ずーっと、紡いでいって欲しいな〜・・と。。

思って。


はい。


そんな感じ(*´▽`*)






| - | 22:49 | - | - | - | - |
忘年会ライブ。
ライナーノーツでも、ワンマンでも無いお話。。

12月29日に、忘年会ライブがあります。


先にお断りすると…多分、異常に緩い、、(笑)


それさえいけたら、多分めちゃ楽しい、、(≧∇≦)


てな訳で。。




覚悟のあるかた、待ってます(笑)



2017年12月29日(金)
ダートマスクラブ
忘年会&ライブ

16:00 オープン
16:30 スタート



¥2000(すべての方)
軽食付きバイキング
ドリンク代別

持ち時間
タンバーズ 30分
アッカンレッキス 30分
ゆしん 30分

食事
フリータイム
20時30分まで

| - | 23:29 | - | - | - | - |
ワンマン5デイズはまだまだ続く・・(笑)
さて。


今回のワンマン5デイズから発売されました、「ゆしんのらじお に」ですが☆

皆様、手に入れて頂けたでしょうか?(^^)

「やまかしたろか?ラジオ」で、弾き語りした音源を、ほぼそのままパッケージしました♪
ラジオでの息遣いやらなにやら、、曲の大事な部分だけをフォーカスしたような感じになっているので。

是非是非、またどっかで手に入れて欲しいな〜・・と。。
思ってます。


で、その曲に対するライナーノーツ。
いわゆる、セルフライナーノーツってやつです。


それが、これから日記にどんどん上がっていきます。

これが、全曲分あがってはじめて、今回のワンマンが終了する・・と・・(笑)
なので 、まだまだ続きます。。。(≧▽≦)



しかし、あれですね。

色々振り返ってみて、、結構、、リアルに凄いことしたな〜・・と・・思います。

5日間が、1か月のようにも感じるし・・・それこそ、ほんの一瞬のようにも・・感じます。


7日に終了後、、現在までぶっ通しで働いている感じなので、頭がぐちゃぐちゃに混乱している状態ですが。。
でも、確かに共有した、あの時間。。


歌って、なんというのか、時間とか空間を少しずらすような事が出来て。
それはまぁ、歌に限らないけど。

ちょっとその他の話は置いておいて、ひとまず歌でいく と。

今回のワンマンでも歌った「ケンタロウマイヤー」とか。

生演奏で競馬の実況中継っぽいことをしながら、曲を進める・・という、訳分かんない試みをしましたが。
それ全部入れて、3〜4分とかの曲。

でも多分、とあるサラブレッドの生涯と、そのサラブレッドと過ごした少年の、何なら成人近くまでの時間が入っていて。

曲の中に入ってしまえば、その時間を一気に体感できる・・んだと思います。

で、僕らはそれをお届けする。


一方でね、格闘技とかにあるような。
ボクサーが、素人目には何もしていない状態で、実は恐ろしい手数のフェイントやら何やらをしてる ・・みたいな。

ああいう状態が、我々の演奏中にもあります。

一曲を、通しての演奏・歌として完成させるとき。
始まる直前の空気、ピアノに触れる瞬間、鍵盤が一番下までおりるまでの感触、スピード、手触り、声が出ていく場所、流れ、その周りに広がる音、空間。。。
歌の、歌詞の世界に身を置きながら、目の前に起こっている音の流れに対する辻褄合わせも一緒におこなっていって。

色や匂い、肌の感触をまとって、進んでいく。。

「あ、こうなったか・・」「じゃ、こうだね」みたいなものがあって。

多分、0.0何秒とか、「待つ」みたいなことがあったりして・・。

特に生演 奏だと、そこにお客さんみんなのエネルギーも影響を与えて。。


・・で、長く長く、かつ一瞬の一曲が終わります。


僕らは、多分、その時に時間・空間をずらして、ねじ曲げていると・・思う。

その歌の世界に身を置いているんだと思う。

生演奏というのは、その、こちらの世界に、皆さんをお誘いするような・・そんな感覚。

違う次元の場所に・・どうぞ、、いらしてください・・と。

濃密な場所、時間へようこそ。。ナビゲーターの、ゆしんです。
的な感覚。


そのこう、、歌自体が持っている別の時間軸と、生演奏ならではの別の次元展 開・・的なもの。
それを、5日間、100曲おこなった。
しかも、違う曲ばかり。


なので、、、長かったし・・・一瞬だった・・・。
訳の分からない時間が流れた・・・そんな感覚。


いやしかし、よくできたな・・ほんと・・めちゃ感謝です。みんな。。
感謝しかできないです。。


そんな感謝のセルフライナーノーツ・・・まだまだ続きます♪



| - | 03:54 | - | - | - | - |
12.サヨナラ言うつもりなら
サヨナラ言うつもりなら/ゆしん

いたいけな少女笑っていた あなたの心それで動いたって?
ねえ ちょっと待ってよ 一体 私のどこが悪かったって言うの?
そりゃ思い当たる節の 一つや二つ いや三つか四つか もうちょっと
あるっちゃあるけど そんなの 自然に積もっていくもんじゃないの?
先に教えてよ 導いてよ あなたでしょ? 私をこんなにしたの

サヨナラ言うつもりなら 覚悟はしておいてよ 呪い殺されても 文句は言わさないわよ
一人の女の 幸せ奪うの 死ぬまで罪を背負うのよ? バイバイ


僭越ながら申し上げます あなた落ち着いた方がいいわよ?
いま じゃなくて 出会った時の私を その子と比べなさいよ
可愛かったでしょ? 曇りなかったでしょ? あなたでしょ? 私に積もっているの
その子も同じよ あなたのそばで いずれ喜んで 汚(よご)れていくのよ
こんなみじめになったって・・ あなたを想う なんて「いい女」
その子じゃ無理よ 役者が違うわ 魂を揺さぶるのは 私だけよ
ある日気づくの 自分の過ちに 思い出すの このぬくもりと匂い
私を想って 私を想って 私を想って 私を想って 
私を想って 私を想って 私を想って 私を・・・

サヨナラ愛する人 覚悟は出来てるんでしょ? 一生金輪際 私は笑わないわよ
あなた罪を背負って 呪いを抱(いだ)いて 後悔にさいなまれ 生きるんだからね? バイバイ・・・
バイバイ・・・・・・・・  いや いや いや

サヨナラ言うつもりなら 覚悟はしておいてよ 呪い殺されても 文句は言わさないわよ
土下座したって 懇願したって 二人ともずっと幸せ失うの

サヨナラ愛する人 覚悟はもういいの? 一生金輪際 私は笑わないわよ
あなた罪を背負って 呪いを抱(いだ)いて 後悔にさいなまれ 死ぬんだからね? バイバイ・・・





どうでしょう・・これ・・。

この女子・・怖いっすか?(笑)


僕、あれなんです。

演歌とか、歌謡曲とか。
いや、これを、ひとくくりにするなよ!ばか!って感じかもしれないんですが。

でも、そういう世界の中にある、女の人の情念と、その向こうに見える可愛さがもう、、たまらなく好きなんです。。


天城越えなんか、歌い出してすぐ、「誰かにとられるくらいなら あなたを殺していいですか?」やから・・。

そういう女子を歌いたくて。
それはもう、ずっと歌いたいと思っていて。

今回、ようやっと実現したのです。

結構な、自信作です!(笑)


だって僕、この歌の女子、好きやし!!



2017年は、メロディーの呪縛から解き放たれるところが結構あって。。

もともと、音符が読めないせいか、メロディーというのには、そこまで強くこだわりがなかったんですが。
それではダメだな・・という事で、ちゃんとしよう、ちゃんとしよう・・というのが、それまでありました。

でも、「ゆしんの夜 ※分からない方は、HPをいっぱい見て頂ければわかるはず・・(笑)」で、3年半かけて600曲ぐらいカバーして。。
基本的に、みんなが名曲だと思う曲たちのリクエストをうけ、カバーしていった訳で。。

そんな中、色んなしがらみ的なものが無くなったというのか。。


例えば、さだまさしさんの曲とか、結構メロディー関係ない部分・・あるじゃないすか。風に立つライオンとか。。
でもあれ、無いようであるんですよね・・メロディー。。


なんかそんなのがごちゃ混ぜになって、、ヒップホップに対するリスペクトもごちゃ混ぜになって・・・。


で、出来た曲・・・です・・・。


や、でもこの女子。

ほんと、「いい女」だと思うな〜。。。。






| - | 03:29 | - | - | - | - |